相手方の資力の確認を

それまで売掛金がスムーズに期限内に入金され、円滑な取引が継続出来ていたある日突然、1回目の未払が生じたからと、即内容証明を送付するなどの鋭角的な督促に及ぶのはある意味請求者側の非常識です。現金取引では無く請求書を用いての掛取引である以上、既に相互間に信頼関係が構築されており、双方にとって大切な取引先である以上、引き続き良好な取引関係を維持する着地点をメインに見据え、早期回収に努めるのがビジネス上のルールです。

ですがこうした配慮に基づく請求にも応じて貰えない場合、冷静に相手先の状況を推察から、然るべき判断が求められる場面が程無く訪れるのが一般的です。ここで最優先すべき作業として、相手方の現状に於ける視力の確認が挙げられます。支払出来ないイコール自転車操業も危うく、更なる借入などを通じての現金工面にも窮している事はほぼ間違いありません。どのタイミングで今後の良好な関係維持を諦め、売掛金を確実に回収する判断を下すのか、弁護士などに相談から回収を正式依頼するタイミングなど、経営者には迅速かつ冷静な判断が求められます。この作業を無意味に後手後手に回してしまうと、相手方が倒産してしまうなど、状況が一気に複雑に悪化してしまうリスクが高まります。