専門家へ相談する

売掛金の未回収状態が生じ、膠着状態の中長期化の懸念が芽生えれば、1日も早く専門家である弁護士への相談がお薦めです。全国各地の弁護士事務所は積極的に無料相談サービスを実施していますので、自身が消滅時効や相手方の資力に対する危機感を覚えている事実も含め、現状を伝えてのベストな次の一手の模索に動くタイミングには、早過ぎるケースはありません。いざ弁護士に正式依頼から法に基づく請求となれば別ですが、常に起こり得るであろう望まざるケースを想定から、対策をシミュレーションしておく作業に無駄はありません。

消滅時効に関する細かい規定はインターネットなどで閲覧確認が可能ですが、1ヵ月単位の締日に基づく売掛取引の未回収が積もっている場合、月単位で次々と消滅時効が成立すれば、その時点で請求可能な総額にも変動が見られるなど、やはり専門家への相談がベストです。こうした問題を数多く取り扱って来た実績を有する、債権回収に強い弁護士事務所に相談すれば、皆さんの現状を正しく推察把握から、ベストな対処法の選択肢と各々のタイミングなどのアドバイスが期待出来ます。売掛金問題に放置は厳禁ですので、不安が生じた時点での速やかな初動を怠ってはなりません。

関連サイト|売掛金回収の相談《アディーレ法律事務所》